こんばんは。おちゃです。今回またブログを始めました。

「ブログで何を書くべきか」とずっと迷って、今まで何回も放棄しまったが、
やはり日常の中のセレンディピティを語られる場所がほしいので再開しました。

今後もよろしくお願いします。


折角なので、色々なことを説明しましょうか。

まずは言語について。母語の読者さんならすでに気づいたかもしれないが、日本語は僕の母語ではありません。むしろ堪能でも言えません。

ならばなぜ日本語で書いてますか。

勿論練習という目的も含まれていますが、それ以上、「僕の知る言語の中で感性を表すために最も便利」という日本語の特徴も、その理由の一部であります。

従って、できる限り日本語だけで書くと決めました。日本語を読めない方々、そして僕の拙劣な日本語を読んている方々に、謹んでお詫び申し上げます。

次は、「おちゃ」というHNの意味。

あまりないんです。

机の上にあった伊藤園の「おいお茶」を見て即決したHNでした。

つまらない由来すみません。

そして中の人のこと。

身元を特定されないようにあまり話しませんが、とりあえずアメリカの大学で数学を研究しています。でも多分ここでは、専門の話をしないと思います。

よく言われるように、「カエサルの物はカエサルに」。

興味はたくさん持っていますが、ここで二言三言で説明しても無意味なんでしょう。

これからの記事、ぜひ読んでください。


次回から以前の記事の一部を再掲載しようと思います。

それではどうぞよろしくお願いします。


2018年11月 追伸:

「草莱」ってどういう意味かを説明しなかったと気づきました。申し訳ありません。

「荒れ果てた草地」または「未開の地」という意味です。

断続的にしかこのブログを更新することができませんので、いつの間にか雑草が叢生するかもしれない。

それでも読んでくれる皆様に、感謝の気持ちがいっぱいです。